NISAの失敗ってやっぱり気になるものです

NISAで投資をするにあたって1万円から始めたいという需要

一定以上あるようです。

貯金だけでも仕方ないしいくらかは投資してみるかな。

という類のことを言う人もいますしそう考えるといいことのような感じがしてきますが、少額投資するとなると実はそれなりのリスクもあるのです。

株を例にとってみると、実際株ってものによっては数万ぐらいから数十万ほど必要になるんです。

そうなるとお金がある程度ある人にしか参加できませんし、限られた資金で選ぶ一つの会社が結果としてどうなるか考えてみても分からないですから、お金がある人にとってもリスクが高くてやっぱりやめようと判断することになります。

そこで投資信託という仕組みに注目があつまるのですが金融で仕組み化している分の手数料のようなものがかかってきたりします。

NISAの失敗ってやっぱり気になるものですが考え方自体はシンプルなので実は分かりやすいです。

NISAの仕組みによって失敗してしまう可能性、金融商品自体がもっているリスクによって起こるもの、NISAの仕組みによるデメリットを無意識的に避けたいと思うことで非合理的な行動をとってしまうことの3つです。

NISAの仕組みによる失敗について説明すると、期間終了時に含み損が生じていた場合に、そのまま通常口座に移行し幸か不幸か株価が値上がりしてしまうと、含み損が出ていた時の金額が基準になってしまっているので利益がでたと判断され課税されてしまいます。

金融商品自体が抱えているリスクというのは、NISAに限らず金融商品は値下がりしたら損するということです。

3つ目のNISAの仕組みによるデメリットについてですが、120万円の枠内におさまるように投資先を考えるといったタイプの思考法のことです。

NISAの解約方法について気になる方もいらっしゃると思いますが、解約手続きは可能ですのでご安心ください。

但し解約するには条件があり、残高があると解約はできません。

証券会社や銀行などによって細かい手順は違うと思いますが、解約手続きをするための案内にしたがって手続きを進めることになります。

もう少し具体的にお知らせすると、非課税口座廃止届出書と個人番号提供書類と一緒に送付します。

必要な書類に関しましては、手続きを申請した段階で郵送等で送付されます。

いつでも解約できるという点は、原則60歳まで解約できないiDeCoと大きく異なります。

解約しやすいということはそれだけはじめやすいということでもありますね。

NISAにはロールオーバーという制度があります。

NISAには最長5年という条件があり、5年経過した後に、その年の新たな非課税枠を使用し、そのまま移すことをロールオーバーと呼ぶのです。

NISAの投資枠自体は年間120万円の範囲以内と決まっていますが、購入した商品が120万円を超えている場合でもそのまま引き継ぎが可能です。

ジュニアNISAについても、枠の上限額や払い戻しのルールに多少違いはありますが、ロールオーバーの扱いについては基本的には同じものとお考えください。

ただし、NISA自体が2023年までとなっていますので、これからNISAをはじめる人にとっては、ほとんど関係ないかもしれません。

NISAと積立NISAの違いは、積立NISAは現物株や様々な投資信託が扱える通常のNISAとは違い、投資可能な商品が限定されています。

積立NISAでは投資信託のみの運用になりますが、中でも手数料が低く、分配金を頻繁に支払うタイプではないという特徴があり、販売手数料がゼロであること、公募投資信託あるいは上場株式投資信託ETFであることなどに限られています。

また、投資上限についても年40万円までと決められています。

上限が少ない代わりに非課税投資枠が20年間まで最大800万円迄となっています。

通常のNISAと併用できませんのでお気を付けください。

NISAとジュニアNISAの違いをご存知ですか?通常のNISAは自分のために自ら口座開設をしてお金を出し投資していくというものです。

一方でジュニアNISAのほうは0歳から19歳までの子供や孫などために、親権者などが代理で運用していく仕組みとなっています。

ジュニアNISAには、NISA口座が開設できない未成年のための仕組みという面と、子供や孫の備えという面の二つがあります。

ジュニアNISAには原則18歳まで払い出しができないという制限があり、20歳を迎えると自動的にNISA口座に変更されるという特徴があります。

制度終了後に非課税期間を満了したとしても、一定の金額までは20歳になるまで引き続き非課税というのは大きなメリットですね。

NISAのメリットといえば非課税ですが、その一方でデメリットもあります。

その一番の理由は損失の繰り越しができないということです。

含み損が出ている状態で5年の期限を迎えた場合、証券会社でならば、特定口座か一般口座に引継ぐ形となりますが、NISAの場合口座へ引き継ぐ際、手数料こそかかりませんが、その値段で新たに購入したという扱いになります。

50万で買った株が引き継ぎ時に25万円になってしまった場合、口座へ引き継ぐ際には新規で25万円で買ったという扱いになり、株価が上がって30万円で売却したとすると、25万で取得したものが30万円で売れたということになって所得が出たと判断されるのです。

そのため、含み損がでている場合、一度決済してから買い戻すのが現実的かもしれません。

こういった総合的なコストを含め実際的なデメリットと言えそうです。

NISAと積立NISAの違いは?

積立NISAは現物株や様々な投資信託が扱える通常のNISAとは違い、投資できる商品が限られています。

積立NISAは投資信託しか扱えませんが、その中でも手数料が低いという特徴を持っていて、販売手数料がノーロードであること、長期分散投資に適している公募投資信託であることなどに限定されています。

投資上限についても年40万円までと決められていますからかなり違いがあると言えますね。

その代わり上限が少ない代わりに非課税投資枠が20年間まで最大800万円までとなっています。

通常のNISAと併用することはできませんのでご注意ください。

NISAでおすすめなのはどんな投資でしょうか?もしあなたが投資の初心者だったとすれば、まず最初に必要な知識はNISAがどうこうではなく、リスクリターンがついて回るという投資の特徴についてです。

これは預金と比較してどうかということではなく、リスクの発生と現実化のメカニズムについてのケーススタディをすることです。

株であればその会社の業績が下がると値が下がっていきます。

投資信託については銀行などでも見かけるのでもしかしたら株よりも身近に感じるかもしれませんが、投資ファンドがどういう方針で景気の変化とどう関連しているのかなどは知っておかないといけません。

その上で長期視点なのか積極的にトレードするのか投資に対する考えを整理するとおすすめは自然とみつかりますよ。

NISAの最大のメリットは非課税だということですよね。

NISAならではのメリットを十分に活用するために、NISA投資のルールを確認しておきましょう。

毎年120万円の非課税枠が与えられますがこれは使い切りです。

枠という言葉に惑わされやすいのですが、例えば30万円の株を買ったあとに売却しても30万円分の枠は返ってこないということです。

念のため解説すると、120万円までという枠なので120万円を超える商品は購入できません。

枠自体を持越しすることは出来ないので、年内に使いきれなかった分が、翌年増えるということにはなりません。

NISAによる資産形成はたまにニュースになっていますし、雑誌などでも見たことがあるという人も多いかと思います。

しかしながら、実際に運用を始めるかというのは難しい問題ですよね。

口座に預けても預金金利が低いのでこれからは投資の時代だといわれても、増えないからといって減ってしまうのはもっと嫌ですよね。

投資家ではなく、一般人が生活の上で投資を始めるときに最初に考えなければいけないのは、リスクがどうかではなく、何のためにやるのかという目的をきちんと見定めるということです。

子供が大人になった時のために、まとまったお金が用意しておきたいと考えているなら、まずは数年先の未来を想像してみることをおすすめします。

将来、生き残っていそうな企業を見つけるなど、投資について考えてみましょう。

NISAには非課税という最大のメリットがありますが当然ながらデメリットも存在します。

そのデメリットとは損失の繰り越しができないということです。

含み損が出ている状態で5年の期限を迎えた場合、証券会社であれば特定口座か一般口座に引継ぎとなりますが、NISAの場合、引き継いだ際に手数料はかからないのですが、その値段で新たに買ったという扱いになります。

50万で買った株が含み損で25万円になった場合、引き継ぎ時には25万円で買ったことになり、株価が上がって30万円で売却したとすると、25万で取得したものが30万円で売れたということになって所得が出たと判断されるのです。

ですから実際に引継ぎをする場合でも含み損がでていれば一度決済してから買い戻すのが現実的かもしれません。

そういう手間や手数料を全てひっくるめて総合的なコストが実際的なデメリットと言えそうです。

NISAにはロールオーバーという制度があります。

NISAには最長5年という条件があり、5年が経過した後、その年の新たな非課税枠を使って、そのまま移すことをロールオーバーと呼ぶのです。

NISAの投資枠自体は毎年120万円迄と決まっていますが、購入した商品が120万円を超えていても、そのまま引き継ぐことが可能です。

ジュニアNISAの仕組みについてもロールオーバーの扱いについては基本的には同じものとお考えください。

とはいえNISAは2023年までの仕組みですので、これから始める人には、ほとんど関係がないと言えるかもしれません。

NISAのリスクには大きく分けて2種類があります。

まず一つ目は、NISAの仕組み自体にリスクが隠されています。

NISAは利益に対して課税されないという性質がメリットとして取り上げられますが、損失がでたときに損益通算ができません。

これは源泉徴収ありの特定口座でも同じですが、NISAで気を付けなければいけないのが5年間という期限があるところです。

期限を迎える前に一般口座に移動させることはできるのですが、その場合、含み損が発生していたとしても考慮されないのです。

一度処分した後、再び買い戻したりする必要があるかもしれません。

そして忘れてはいけないのが、金融商品自体がもっている性質そのものによるリスクというのは当然あります。