NISAによる資産形成はたまにニュースになっていますよね。

病院や銀行などに置いている雑誌などでも目に触れる機会があると思います。

しかしながら、実際にNISAをはじめるかどうかは難しい問題ですよね。

口座に預けても預金金利が低いのでこれからは投資の時代だといわれても、増えないからといって減ってしまうのはもっと嫌ですよね。

生活をしていく上で投資をはじめるときに最初に考えるべきなのは、リスクがどうかではなく何のためにやるのかという目的です。

子供のためにまとまったお金を用意しておきたいと感じたなら、まずは数年先の社会を予想してみてはいかがでしょうか。

将来、生き残っていそうな企業を見つけるなど、投資について考えてみましょう。

NISAは解約できるのかどうかは気になる方もいらっしゃると思いますが、手続き自体は可能ですからまずはご安心ください。

ただし条件があり、残高があると解約することはできません。

証券会社や銀行などによって、解約手順は多少異なると思いますが、廃止手続きをするための案内に従って進めることになります。

もう少し具体的に言うと、非課税口座廃止届出書と個人番号提供書類といっしょに送付することになります。

必要な書類は、申し込みをした段階で送付されてきます。

いつでも解約できるという点は、原則60歳まで解約することができないiDeCoとの大きな違いです。

解約しやすいということは、これからNISAを始める人にとって始めやすいとも言えますよね。

契約済みのNISAを別の証券会社や銀行に変えたというケースがあると思います。

NISAの口座はスタート当初より少し変更になっていて、1年に1回、乗り換えが可能になりました。

もう1点、普通のNISAからつみたてNISAに変更したいという場合があるかと思いますが、こちらの手続きも同じように、1年に1回変更することができます。

ここで気になってくるのが、変更前に買った金融商品が、変更する際に強制的に解約する必要の有無だと思います。

結論からいうと、そこは大丈夫なのでご安心ください。

前年度に買ったものは引き続き持ち続けることが可能です。

もちろんNISAという枠組み自体の制限はあるのでその点は注意が必要です。

NISAで5年後どうするかというのは外せないテーマです。

というのもNISAには最長5年間というルールが設けられているからです。

期限が切れたらそこでおしまいというわけではありません。

上がっているか下がっているか関係なく一度売ってしまうというのがまず一つです。

翌年のNISAの新しい枠で運用を続けることができます。

あとはNISAではなく普通の証券口座に移行するというのも可能です。

NISA枠をどう使って投資をするのかは、投資に対する考え方は人によると思いますので言いきれませんが、損をそのまま引き継いで証券口座で運用した場合、何も考えずに投資をすると結果的にマイナスとなる可能性があることは覚えておきましょう。

NISAで投資信託に投資するのは初心者向けと言われています。

理由はというと、投資にかかる費用が少額で済むからです。

現物株の場合は一般的には、1単元につき数万円から数十万円程度となりますので、多くの銘柄に投資するということはできません。

一度に高額な資金を投資するという心理的なハードルも高いですね。

その一方で、投資信託というのは複合的な金融商品のため、120万の枠があるNISAであっても分散投資が実現できます。

投資にまわす予算があまり取れない方にもおすすめですね。

プロに運用してもらうという手数料などのコストが掛かってくるのでその点は注意しましょう。

NISAを利用する最大の目的は非課税ということにつきますよね。

この非課税というメリットを十分に活用するために、NISAのルールを事前にちゃんと確認しておきましょう。

毎年与えられる120万円の非課税枠は使い切りです。

枠という言葉に惑わされやすいのですが、例えば25万円の株を購入したあとに売っても、25万円分の枠は戻ってこないということです。

こちらは誤解している人はあまりいませんが念のため解説すると、120万円までという枠なのですから、120万円を超える購入はできません。

そして、枠自体の持越しもできませんので、年内に使いきれなかった分は消滅し、翌年に新たに120万の枠となります。

NISAを銀行では始めようと思っている方って、どれぐらいいるのでしょうか?取引先の銀行とのお付き合いで…ということでなければ、手数料が安く取扱い商品も豊富なネット証券のほうがおすすめです。

ゆうちょや銀行などの場合、NISAの始め方から丁寧に教えてくれますから、安心できるという方もいると思いますのでダメというわけではありません。

NISA最大の特徴である税金を引かれないというのは、結局のところ、支払うコストが低くなることに繋がりますから、それだったら手数料が安くなる可能性も高めていきたいですよね。

できるだけリスクを低くすることも考えて銀行にするかどうか最終決定をしましょう。

NISAをする上で5年後というのは大きなテーマになります。

というのもNISAには最長5年間というルールが設けられているからです。

期限が切れたらそこでおしまいというわけではありません。

まず売却して換金するというのが一番分かりやすい方法です。

それから翌年のNISA枠にスライドさせるという方法もあります。

他には通常の証券口座などで運用を続けることもできます。

NISAの枠組みをどの程度活用するのかは、考え方は人それぞれなので正解はこれだと決められませんが、損を抱えたまま一般的な証券口座に移した場合、損益通算ができないため結果的にマイナスとなる可能性があることは覚えておきましょう。

NISAに興味がある方はまずは、はじめ方から勉強することをおすすめします。

はじめるだけであれば、最寄のゆうちょや銀行などでもはじめられます。

とはいえ、ゆうちょや銀行では本当にただはじめるだけという人向けなので、しっかりと収益を上げたいと考えている方には、ネット証券で口座を開設することを強くおすすめします。

基本的に銀行やゆうちょなどで取り扱っている金融商品は、ローリスクではありますが、ローリターンでもあります。

初めての方には良いと思いますが、収益を考えた場合物足りないかと思います。

独占の金融商品に興味があるという場合を除けば、取扱い金融商品が豊富なネット証券がオススメです。

今契約しているNISAを別の証券会社や銀行に変更したいというケースがあると思います。

NISAの口座はスタート当初より少し変更になっていて、1年に1回変更できるようになりました。

もしくは、通常のNISAをつみたてNISAにチェンジしたいという場合があるかと思いますが、こちらの手続きも先程と同様に1年に1回変更が認められています。

ここで気になるのが、変更前に買った株や投資信託が、変更する時に強制的に解約しなければいけないのかどうかだと思います。

結論からいうと、そこは大丈夫なのでご安心ください。

前年度に購入したものはそのまま持ち続けられます。

もちろんNISAという枠組み自体の制限はそのままですので、その点はお気を付けください。

NISAとは分かりやすく考えると、株や投資信託の売買益を非課税にするということです。

2014年に日本でスタートした仕組みで、現在毎年120万円の非課税枠が設定されています。

実際には日本に住んでいる20歳以上という条件があり、一人当たりひとつの口座を持つことができます。

非課税枠というとすごく魅力的なので詳しく確認してみると、株式や投資信託の配当金や分配金や譲渡益といったものがそれに該当します。

期間は最長5年までということになっていますが、現在保有しているものをNISA口座に移動させるということはできません。

NISAで取引可能な商品はというと、ざっくりと3つに分けて、株、投資信託、ワラント債があります。

株でもリスクが高い信用取引は含まれませんが、比較的低リスクな債券も対象外です。

比較的人気の高い外貨MMFなども含まれていませんし、情勢不安の際にでも安定して強いと言われている、金やプラチナといった先物やオプションも対象外です。

FXなどのハイリスク型の商品ももちろん含まれません。

NISAが生まれた理由ですが、日本人は預金する傾向がとても高いため、その分を投資に回すことができれば、経済全体が活性化するのでは?という想いから誕生したそうです。

つみたてNISAという仕組みが後から生まれたことから鑑みても長期的に投資資金に回されることが狙いのようですね。

NISAによる資産形成はちょっと前まで結構話題になっていましたし、コンビニに置いている雑誌など身近なところでも目に触れる機会があると思います。

かといって、実際に手を付けるかどうかは簡単には決められませんよね。

預金してもあまり増えないからこれからは投資だといわれても、増えないからといって減ってしまうのはもっと嫌ですよね。

投資家ではなく、一般人が生活の上で投資を始めるときに最初に考えなければいけないのは、リスクをよりも何のためにやるのかという目的をきちんと明確にすることです。

老後にある程度まとまったお金が必要だと考えているなら、まずは数年先を想像してみるといいですね。

将来発展しそうな企業を見つけて株を投資したり関連する投資信託を選ぶなど目的に合わせて投資を考えてみましょう。

NISAで1万円から始めたいという需要は少なくないようです。

生活のバランスを崩さないように貯金もしつつそのうちのいくらかを投資に回してみる。

という類のことを言う人もいますしそう考えるといいことのような感じがしてきますが、少額だと何かあってもダメージが少ないのは確かですがそれだけではありません。

基本的に投資の世界では株式取引が中心になりますが、株っていざ買うとなると1つの銘柄でも数万円から百万円近く必要になります。

となるとお金がないと参加は難しいですし、特定の1つの会社がどうなるかなんてそこまで信頼できることでもありませんから、ある程度の資金があるとしてもやはり機関投資家ではないので限界はあるわけです。

投資信託がメニューに入っている理由がここで分かるのですが低予算でもバランス投資ができます。