NISA口座の口座開設を考えています。おすすめは?

NISAの口座開設を考えているなら、まず最初に考えることは

どこを選ぶかということでしょう。

NISA口座は一人につき一つしかもてないので、対応している金融機関の中から厳選する必要があります。

一番有力な候補としてはやはり証券会社ですね。

ネット証券は手数料が安いので特におすすめです。

単純に安いだけではなくキャンペーンなども合わせて比較するといいですね。

例えば売買にかかる手数料が無料になるという証券会社もありますし、キャッシュバックキャンペーンなどを行っている場合もあります。

投資金額によっては、キャンペーンを重視するというのも有用です。

NISAを銀行でやろうと考えている方はいませんか?取引先の銀行とのお付き合いで…ということでなければ、取扱い金融商品が豊富で、基本的には手数料が安いネット証券がおすすめですよ。

ゆうちょや銀行などは身近にあるお店では、NISAについて詳しく説明してくれますから、対面でやり取りできた方が安心できるという方もいると思いますのでダメというわけではありません。

NISAの最大のメリットである税金を引かれないというのは、出費が少なくなるというメリットですから、折角なら手数料が安くなる可能性も上げていきたいところです。

可能な限りリスクを抑えることも考えて銀行にするかどうか最終決定をしましょう。

投資に興味がある方はNISAのはじめ方から勉強してみるのがいいかもしれません。

ただはじめるだけであれば、ご近所のゆうちょや銀行の支店などでもはじめることができます。

とはいえ、ゆうちょや銀行では本当にただはじめるだけという人向けなので、堅実に収益を上げたいと考えている方には、ネット証券で口座を開設することを強くおすすめします。

基本的に銀行やゆうちょで販売されているのは、ローリスクローリターンの金融商品となります。

初めての方には良いと思いますが、収益を考えた場合物足りないかと思います。

独占の金融商品に興味があるというわけでなければ、手数料が安くて取扱い商品も多いネット証券が安定の選択肢といえます。

NISAの失敗ってどのようなものか気になりますよね。

考え方自体はシンプルなので実は分かりやすいです。

大きく分けるとNISAの仕組みによって起こる可能性があるもの、金融商品自体がもっているリスクによって起こるもの、NISAの仕組みによるデメリットを避けたいと思うことで非合理的な行動をとってしまった場合のリスクの3点です。

NISAの仕組みによる失敗ものと言えば期間終了時に含み損が出ていた場合に、そのまま通常の口座に移行させてしまうと、含み損を受けた後の金額が基準になってしまい余計に課税されることです。

金融商品自体がもっているリスクというのは端的にいってしまうと、NISAであろうがなかろうが値下がりしたら損だよねということです。

NISAの仕組みによるデメリットを避けるがゆえに起きるリスクというのは、120万円の枠内に収まるよう投資先を考えるといったタイプの思考法のことを意味します。

NISAのリスクを紹介します。

まず一つ目は、NISAの仕組みです。

NISAは利益に対して非課税というのが最大のメリットなのですが、損失が発生したときに損益通算ができません。

このことは源泉徴収ありの特定口座でも同じことが言えるのですが、NISAで用心しなければいけないのが5年間という期限がついている点です。

期限を迎える前に一般口座に移動させることはできるのですが、その場合、含み損が発生していたとしても考慮されないのです。

一度売ってから買い戻したりする必要があるかもしれません。

あとは金融商品自体にリスクというのは当然あります。

NISAで取引できるものといえば、ざっくりと分けて、株と投資信託、ワラント債というものがあります。

株と一口に言っても、リスクが高い信用取引は含まれませんし、割と低リスクとされる債券も対象外になっています。

外貨MMFなども含まれていませんし、情勢不安の際にでも安定して強いと言われている、金やプラチナといった先物やオプションも対象外です。

もちろん、FXなどのハイリスク型と呼ばれる商品も含まれません。

NISAという商品の誕生理由は、日本では預金する傾向がとても高いため、その分を株式投資にまわすことができれば経済全体が活性化するのではと考えられてのことだそうです。

つみたてNISAが誕生した理由も、長期的に投資資金に回されることが狙いのようですね。

NISAで投資をするにあたって1万円から始めたいという需要は一定以上あるようです。

貯金だけでも仕方ないしいくらかは投資してみるかな。

といったことが経済情報サイトなどで言われていることもありますが、少額投資ならではのリスクというものもあるのです。

株を例にとってみると、実際株ってものによっては数万ぐらいから数十万ほど必要になるんです。

とするとある程度の資金があることが参加条件となってきますし、あるひとつの会社がどうなるかなんて分からないので、お金がある人にとっても結局リスクがあるというわけでやはりハードルは高いようです。

投資信託がメニューに入っている理由がここで分かるのですが低予算でもバランス投資ができます。

NISAとは何かをシンプルに言うと

株や投信といった金融商品の利益を限定つきで非課税にする制度です。

日本では2014年に開始した取り組みで、年間にして120万円までが非課税で売買できる枠となります。

日本に住んでいる20歳以上という条件がありますが、ひとつの口座のみを持つことができます。

非課税という素敵な響きが魅力ですが、配当や売買差益といったものがその対象になっています。

期間は最長5年までということになっていますが、現在保有しているも金融商品をNISA口座に移動させるということは残念ながら不可能です。

NISAの最大のメリットといえばやはり非課税ということですよね。

せっかくのメリットを十分に活用するために、NISA投資のルールを確認しておきましょう。

120万円の非課税枠は使い切りです。

よく勘違いされやすいのですが、例えば30万円の株を買ったあとに売却しても30万円分の枠は返ってこないということです。

こちらは誤解している人はあまりいませんが念のため解説すると、120万円迄という枠になっていますので120万円を超える金融商品は購入できません。

そして、枠自体の持越しもできませんので、年内に使いきれなくても翌年その分増えるということはありません。

NISAのリスクを紹介します。

まず一つ目は、NISAの仕組みです。

NISAは利益に対して課税されないというのが最大のメリットなのですが、損失が出てしまったときに損益通算ができません。

これは源泉徴収ありの特定口座でも一緒なのですが、NISAの場合で特に注意が必要なのは5年間という期限があるところです。

期限を迎える前に一般口座に移動させることはできるのですが、その場合、含み損が発生していたとしても考慮されないのです。

一度売ってから再び買い戻しをすることになるかもしれません。

そしてもちろん金融商品自体が持つリスクというのは当然あります。

NISAによる資産形成はちょっと前まで結構話題になっていましたし、雑誌などで目にしたという人もいるかと思います。

ですが実際にやってみるかは難しい問題ですよね。

預金してもあまり増えないからこれからは投資だといわれても、増えないからといって減ってしまうのはもっと嫌ですよね。

私たち一般人が生活の上で投資をはじめるときに最初に考えるべきなのは、リスクよりもまず、何のためにやるのかという目的です。

子供のためにまとまったお金を用意しておきたいと感じたなら、まずは数年先を想像してみるといいですね。

将来有望そうな企業を見つけて株を投資したり関連する投資信託を選ぶなど目的に合わせて投資を考えてみましょう。

投資に興味がある方は、まず最初はNISAのはじめ方から勉強してみることをおすすめします。

ただはじめるだけであれば、ご近所のゆうちょや銀行の支店などでもはじめることができます。

とはいえ、ゆうちょや銀行では本当にただはじめるだけという人向けなので、着実に収益を上げたいと考えている方には、ネット証券で口座を開設しましょう。

基本的に銀行やゆうちょといった身近な金融機関で販売されているのは、ローリスクローリターン型の投資信託になります。

初めての方には悪くはないと思いますが、収益を考えた場合物足りなさは否めません。

独占の金融商品に特に興味がないのであれば、取扱い金融商品が豊富なネット証券がオススメです。

NISAで投資信託を行うのは初心者と言われています。

その理由は、投資額が低額で済むからです。

現物株の場合は銘柄にもよりますが、1単元あたり数万円から数十万円程度必要になりますので、投資できる数は限られてきます。

一度に大きな額を投資するという点で心理的なハードルも高いですね。

その一方で、投資信託というのは複合的な金融商品のため、資金が限定されているNISAでも分散投資が実現できますね。

投資にまわす予算があまり取れない方にもおすすめですね。

プロに運用してもらうという性質上手数料や信託報酬といったコストが掛かってくるのでその点は理解が必要です。

NISAを銀行でやろうと考えている方はいませんか?いわゆるしがらみのようなものがないのであれば、手数料が安くて取扱い金融商品が豊富なネット証券が良いと思います。

ゆうちょや銀行などはご近所にある金融機関の場合、NISAの始め方から丁寧に教えてくれますから、面と向かってやり取りした方が安心という方もいると思いますのでダメというわけではありません。

NISAの最大のメリットである税金を引かれないというのは、支払うコストが低くなるということですから、折角ですので手数料が安くなる可能性も追求したいですよね。

可能な限りリスクを抑えることも考えて銀行にするかどうか最終決定をしましょう。