光ケーブルに使うコネクタにもいくつかの種類があります

光ケーブルを接続する時に使われるコネクタにはSCコネクタとLCコネクタがあります。
SCコネクタにはGBIC、LCコネクタにはSFPと組み合わせて使います。
GBICやSFPは電気信号を光に変えてくれるものなので光ケーブルのように光を通信する時には絶対必需品です。
コネクタに接続するGBICの形状は古くて大きいタイプになり、SFPの形状は新しく小さいものですからLCコネクタとSFPの組み合わせを使うことが多いです。
そのコネクタをのぞいてみると光がみえるのですが、目を傷めるので除くのはやめた方がいいですが。
光ケーブルは電気信号を光に変えて通信するのでとても通信速度は速くて送れる容量も大きいですし、インターネットもさくさくと進んで、使っていて楽ですよね。
光インターネット回線とプロバイダ?料金の違い【なぜ別で必要なのか】