バイナリーオプションのデメリットとは?

バイナリーオプションに投資するとして、自己判断のみで売買するのと、自動売買をするのだと、どちらが得といえるでしょうか。
自分の判断のみで売買すると、結局、自分の勘に頼る場合が多く、成果を十分に出すのは、難しいかもしれません。
データにそった自動による売買の方がよい成績が期待できると考えられます。
株式の取引は自動的に税金を差し引いていく特定口座が存在するのですが、FXトレードの場合はまだ特定口座が存在しないため、税務署に自分で税金を納める必要があります。
でも、計算間違いやうっかり忘れたりして脱税するミスが増えています。
シストレとはどんなものかと言うと、事前にFXにおいて、決めてある条件通りに機械が自動的に取引してくれるシステムです。
シストレのメリットとしては、取引に感情が入らないので、なかなか決断できない損切りでも自動でしてくれ、大きな損を出してしまう危険性を避けることが出来ます。
また、もっと儲けたいという欲も捨て取引ができるので確かな利益を出すことができます。
さらに、日中仕事をしているサラリーマンの方でも取引が可能になります。
一方、シストレのデメリットとしては、自分で決めなくても事前に選ぶことが出来るルールも用意されていますが、自作でルールを決めるためにはFXに関する専門的な知識が必要だということです。
また、予測不可能な相場の変動が起こった時に対応できないということもあります。
その時に予想以上の損が出てしまう可能性もあるので気を付けないといけません。
税率が株式と同等程度となったFXの場合でも特定口座制度の設立が期待されているのです。
FX投資の場合は、移動平均線をはじめ、MACDやストキャスティクスなどいくつものラインを使ったテクニカル指標を使用して技術的な分析をすることが数多くあります。
それら数々のラインが下限の位置で、下から上へ向けてクロスする現象のことをゴールデンクロスと称し、買いエントリーする時期を判断するのに、使用しています。
FX投資を初めてする方も覚えておいたほうが身のためでしょう。